Minfan Kitchenのホームページにおこしいただきありがとうございます。

Minfan(麺粉)とは香港の公用語である広東語の発音で、意味は”小麦粉”です。

香港の飲茶料理や香港のお菓子のおいしさをたくさんの人に伝えたくて教室を始めました。

 

最初に香港飲茶という文化に出会ったのは、初めての香港旅行でした。
その後香港とシドニーで長期間生活することになり、香港飲茶だけでなくアフタヌーンティー、屋台の香港料理、高級中華などいろいろなジャンルを食べ歩きました。香港人の友達の家で食べた家庭料理が個人的には好きでしたが・・・・・

日本に帰国した後も飲茶の魅力が忘れられず、香港と台湾の料理学校に何度も通いました。他にもアジアの料理を習いに、タイ・シンガポール・ベトナム・マレーシアも訪れました。

教室を始めて16年になりますが、粉から生地をこね、餡を作って生地で餡を包むという作業を繰り返しやっていると、出来上がったころにはたまった日常のストレスを忘れてしまいそうです。蒸しあがった蒸篭を開けた時の感動、スープの流れ出す点心のおいしさは、言葉では言い表せません。
また、蒸したての湯気の上がった点心を、家族や友達と囲んで食べる時間はとても幸せです。

 

生地にこだわるちょっとマニアックなお教室ですが、
レッスンの作業は簡単でアットホームな感じなので安心してご参加ください。

ショーロンポー

 

お教室ブログはこちら

 

【粉もの作りで得られるもの】

余った生地や餡、完成したものを冷凍庫にストックできるので経済的

目の前の作業に集中するのでストレス解消と出来上がりの達成感

手を細かく動かすことにより脳の活性化

作った粉ものは日々の食事として消費できる

特別な道具を使わなくても家で手軽に作れる